HOME 電子カルテ ORCAREとは 導入事例 機器構成 周辺システム 関連リンク お問い合わせ
サポート実績無床診療所:導入事例有床診療所:導入事例病院:導入事例
札幌大庭眼科 様
 
病院外観 札幌市西区八軒5条西1丁目1−50
TEL:011-618-0618
FAX:011-699-5618

無床診療所

診療科:眼科
  診療時間:月、水、金9:00〜12:00、14:00〜17:30
  火、土9:00〜12:00、木14:00〜17:30

ホームページアドレス
  http://blog.livedoor.jp/ohbaeye/
機器構成
・パソコン2台(受付2台)
・ブロードバンドルータ 1台
・レーザプリンタ 1台
・バーコードプリンタ1台
・バックアップ装置(NAS)1台
・無停電電源装置2台

医院長先生のコメント
院長

   大庭 正裕先生は、2009年10月に新規開業されました。
  札幌医科大学眼科学講座の准教授として教育、診療、手術と活躍されていましたが、その経験を生かし、目と心の癒しの場として社会貢献すること、目の一生をケアすることを常に考えられ、地域のみならず、全道から来院される患者様の診療・治療に日々あたられています。
  院長先生も、職員の方々も皆暖かく、患者様に優しい医療機関様です。
機器構成
 

   
(インタビュー形式となっております)
Q1:ORCAを選択した理由は?
A1:当初はメーカー系のレセコンの導入を検討していましたが、知り合いの医療機関からORCAの紹介を受けました。導入の際の初期費用、長期的なコストを、メーカー系のレセコンと比較したところ、ORCAのほうが優位であることが分かりました。又、マスタ更新やプログラム更新が簡単に行えるという大きなメリットがORCAにはありました。以上のような理由からORCAを選択しました。

Q2:弊社から導入するきっかけとなった点は?弊社を選択された理由は?
A2:ORCAの紹介を受けた医療機関のサポートベンダーが、ソフトテックスでした。まずはその評判が非常によかったことがあります。又、北海道内だけでなく全国レベルでのサポート実績が多数あるので安心出来る。そのような点からソフトテックスからの導入を決めました。

Q3:導入する上での問題点は?
A3:新規開業するということで、事務員は医事経験者を採用しましたが、ORCAの操作経験は全くなく、当初は不安であったことは確かです。しかし、インストラクターによるわかりやすい操作の説明、実際の業務に合わせての操作の説明を受け、なんら問題なく、開業を迎えることができました。

Q4:ORCAを導入して満足している点は?
A4:当院のシステムは、まず、ORCAの新患登録時に専用プリンターからバーコードシールを発行するシステムとなっています。そのバーコードをカルテに貼付し、診察室にある画像ファイリングシステムでそのバーコードを読み取らせると、瞬時に該当する患者様の情報が呼び出すことができます。
システムの中心がORCAであることから、大きな費用をかけること無く、非常に便利なシステムを構築することができ、大変満足しています。又、サポートの面で、リモートメンテナンスが出来ることは非常に安心です。

担当者のコメント
 新規にご開業されるということで、設計図面の段階から打合せに参加させていただき、医事システム構築のお手伝いをさせていただきました。事務の方は限られた期間でしたが、ORCAの操作を期間内に問題なく習得されました。導入された後に院長先生らの満足の声、事務ご担当の方々からは当社サポートなどに対しての満足の声をお聞きし、大変嬉しく思います。
ホーム
株式会社ソフトテックス COPYRIGHT(C)2007 SOFTTEX CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED